2018年10月03日

ヤマザクラと合歓の木の伐採!

午後1時過ぎ、棟梁が木の伐採に来てくれたので、私も手伝いながら、何とか4時半過ぎに終わりました。。
滑車とワイヤーを使って、庫裏の方に倒れないように注意しながらの伐採でしたが、予想通り、かなりの重労働でした。
もうやりたくありませんね(笑)


1.JPG


2.JPG


3.JPG


posted by カンロくん at 17:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年10月02日

思わぬお計らい!

昨日に続き、倒れたヤマザクラの後片付けと、残ったヤマザクラ、そして庫裏の方に倒れそうになっている合歓の木の伐採を始めたところ、長年使っているチェンソーの刃が余り切れなくなったので、そろそろ替え時かと思い、チェンソーの替え刃を買いにいってもらった。
帰ってくるまで、とりあえず合歓の木を伐採していたところ、汗露臺や帰郷庵の施工をしていただいた地元の棟梁が、「今朝採ってきたので、お供えしておいて下さい」と言って、見事なマッタケを持ってきて下さった。


P1010001.JPG


早速、菩薩様にお供えさせていただいた後、台風24号で倒れたヤマザクラを見てもらった。
残ったヤマザクラと合歓の木を切るところだと話したら、「素人が切ると思わぬ事故に巻き込まれる恐れがあるから、注意した方がいいですよ。チェンソーで切る前に、倒したい方向に受け口を作っておかないと、思ったように倒れないし、自分の方に倒れてきた倒木の下敷きになって亡くなる人もいるから、くれぐれも注意して下さい」と言われた。
斜面を降りて、ヤマザクラの根元まで行くと、見るに見かねたのか、棟梁が、「今日は仕事があるから無理ですが、もし明日でもよければ、切ってあげますよ」と言って下さった。
今日突然、棟梁がお寺に来られたのも、ただの偶然とは思えず、何らかの理由があってのお計らいに違いないと直感し、お願いする事にした。
切り方も知らない素人の私がこのまま作業を続けていたら、思わぬ事故に巻き込まれていたかも知れない。
思えば、昨日、倒れたヤマザクラの処理で体力を使い果たし、疲れが残っている状態で、残ったヤマザクラと合歓の木を伐採しようとしていたのだが、恐らく、菩薩様は、このままでは大きな事故につながる恐れがある事を見通されたのであろう。
だから、まずチェンソーの刃を切れなくさせて作業を中断させ、更にマッタケという方便を使って棟梁を寺に呼び寄せ、私の作業を止めて下さったのである。
拙い伐採作業を見るに見かねたのは、棟梁ではなく、菩薩さまだったのである。
改めて、守られている身の有り難さを、身に染みて感じた一日であった。
合掌

posted by カンロくん at 13:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年10月01日

台風24号の被害!

超大型の台風24号が日本列島を縦断して、各地に大きな被害をもたらしましたが、昨夜は、山梨も暴風雨が吹き荒れました。
今朝、被害状況を見ると、西側斜面にあるヤマザクラの大木が、根元から裂け、庫裏の屋根に倒れていました。


01.JPG


01-1.JPG


02.JPG


02-1.JPG


周囲の山林でも、枯れた松が何本も倒れていましたから、超大型の台風だったことが分かります。
倒れた時の衝撃の大きさは分かりませんが、屋根瓦の一部が割れただけで済んだのは不幸中の幸いでした。
シラカシの垣根と、積んである土嚢が緩衝帯の役目をして、衝撃を和らげてくれたのかも知れません。


03.JPG


04.JPG


05.JPG


早速、倒れたヤマザクラをチェンソーで少しずつ切りながら、午前中いっぱい、台風の後片付けに追われました。
今日はここまでが限度です。
「余り無理をしないで」と言われますが、無理をしないと、とても出来ません(笑)。
明日また、老体に鞭を打ってこの続きをします。


11.JPG


12.JPG


13.JPG

posted by カンロくん at 16:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年09月23日

境内に漂う金木犀の香り!

お彼岸に咲く花と言えば、彼岸花がすぐ頭に浮かびますが、木犀もこの時期に無くてはならない花です。
つい先日まで、まだ白かったのに、いつの間にかすっかりオレンジ色に染まっています。
近くを通ると、風に乗って甘い香りが漂ってきます。
何とも言えないですね。この香り!


1.JPG


2.JPG


3.JPG


4.JPG


5.JPG


6.JPG


7.JPG

posted by カンロくん at 11:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年09月21日

秋の彼岸法要!

今日は、朝から生憎の雨模様でしたが、午前9時半より、帰郷庵において、秋の彼岸法要を厳修させていただきました。
不思議な事に、彼岸法要開始時刻になると雨も止み、傘をさす事もなく、無事に法要を終えることが出来ました。
10時からは、いつものように、場所を昇龍閣に移して御祈祷、法話を行い、午後から聖歌をご奉納させていただきました。
来月20日は、いよいよ秋の大法要です。是非皆様、お揃いでお気を付けてお帰り下さい。
南無大師遍照金剛
南無普門法舟大菩薩
合掌


1.JPG


2.JPG


3.JPG


4.JPG


5.JPG


6.JPG

posted by カンロくん at 17:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年09月17日

秋の訪れを告げる彼岸花!

境内の一角で、紅白の彼岸花が咲き誇り、秋の訪れを告げています。
赤い彼岸花に混じって咲く2本の白い彼岸花!
多勢に無勢ですが、中々頑張って咲いています。


01.JPG


02.JPG


03.JPG


04.JPG


05.JPG


06.JPG


07.JPG


08.JPG

posted by カンロくん at 10:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年08月21日

暑い八月のご縁日!

本日は暑い中をようこそお帰り下さいました。
お陰様で、八月のご縁日法要も無事に終わりました。
さて今日は、甲子園球場で夏の高校野球の決勝戦が行われ、大阪桐蔭高校が二回目の春夏連覇を達成しました。
また公立高校でありながら決勝戦まで勝ち上がり、地元の秋田のみならず全国で一大フィーバーを巻き起こした金足農業高校の選手にも、惜しみない拍手が送られていました。
地元の山梨学院高校は残念ながら一回戦で敗退しましたが、来年の再挑戦を期待したいものです。
法徳寺の暑い夏もようやくピークを過ぎ、朝夕は少しずつ秋の気配を感じさせる涼しさが戻りつつあります。
来月のご縁日は、彼岸法要と御縁日法要を兼ねて、9時半から執り行いたいと思います。
また来月も皆様のお帰りを心よりお待ちしております。
合掌


1.JPG


2.JPG


3.JPG


4.JPG


5.JPG

posted by カンロくん at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年07月29日

台風一過の空に虹が!

台風一過の東の空に、虹の架け橋がかかりました。
ダブルレインボーでないのが残念ですが…


1.JPG


2.JPG

posted by カンロくん at 18:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

かぼちゃとハナマルバチの共同作業!

今年も立派なかぼちゃが実りました。


1.JPG


下の写真は、かぼちゃの雌花です。
中心に、女性の生殖器のような形をしためしべが見えます。また、雌花の下には、すでに小さなこぶのようなものが付いています。これが大きくなって、かぼちゃになります。かぼちゃの赤ちゃんですね。


2.JPG


3.JPG


こちらが、雄花です。
雌花と違って、中心にあるおしべは一本しかありません。まるで男性の生殖器のようです。また雄花の下に、こぶはついていません。やはり、赤ちゃんを産めるのは女性だけなんですね。


4.JPG


5.JPG


もちろん、このままでは、かぼちゃは実りません。人間界の受精に当たる受粉が必要です。
人工授粉という方法もありますが、自然界には、受粉の手伝いをしてくれる強い味方がいます。
写真のハナマルバチです。
毎日飛んできて、受粉の手助けをしてくれる心強い相棒です。


6.JPG


7.JPG


8.JPG


受粉が終われば、後は成長を待つだけです。
暑い夏ですから、毎日の水やりは欠かせませんが、成長を楽しみに待ちましょう。


9.JPG

posted by カンロくん at 09:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年07月28日

ゴーヤ茶作り!

ゴーヤが沢山採れたので、ゴーヤ茶を作ります。


1.JPG


まず薄く切って、天日干しにします。


2.JPG


3.JPG


一日干してカラカラになったゴーヤを、キツネ色になるまで、フライパンで煎ります。


4.JPG


いい色になってきました。これくらいになればOKです。


5.JPG


煎り終わったら、新聞紙の上で冷まします。


6.JPG


あとは、ビニール袋に入れて保存しておけば、一年中、美味しいゴーヤ茶がいただけます。


7.JPG


8.JPG

posted by カンロくん at 10:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年07月26日

今年もゴーヤカーテン!

今年も、猛暑をしのぐゴーヤカーテンが完成しました。
ご覧の通りです。立派でしょ!
僅か数センチだったゴーヤの苗も大きく成長し、何本ものゴーヤが垂れ下がっています。
ゴーヤチャンプルやゴーヤ茶にすれば、夏バテ予防の一助となります。
クーラーより体に優しく、収穫したゴーヤが熱中症予防に一役かってくれます。
興味のあるお方は、是非挑戦してみて下さい。


01.JPG


02.JPG


03.JPG


04.JPG


05.JPG


06.JPG


07.JPG


08.JPG


09.JPG

posted by カンロくん at 09:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年07月21日

猛暑の中の御縁日!

今日は、今年七回目のお大師様の御縁日ですが、猛暑の中、法縁の皆様にお帰り頂き、無事に御縁日法要を厳修させて頂く事が出来ました。
有り難うございました。
また来月のお帰りを、心よりお待ちしております。
合掌。


1.JPG


2.JPG


3.JPG


4.JPG


5.JPG

posted by カンロくん at 20:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年07月07日

庭に咲くノウゼンカズラ!

昨日は一日中よく降りましたが、今日の山梨は、曇り空です。
雨はやんでいますが、風が少し出てきました。
西日本では記録的な大雨を記録し、各地で甚大な被害がでていますが、一日も早い終息を願わずにはいられません。
写真は、庭に咲いているノウゼンカズラの花です。


1.JPG


2.JPG


3.JPG


4.JPG


5.JPG


6.JPG

posted by カンロくん at 09:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年07月01日

今年も国蝶オオムラサキがやってきました!

お寺の近くに、オオムラサキの好きなエゾエノキの木があるため、毎年オオムラサキの来訪が恒例となっていますが、今年は、例年より20日余りも早く梅雨が明けたため、どうなる事かと心配していました。
でも、ちゃんと忘れずに訪問してくれました。


1.JPG


2.JPG


3.JPG


4.JPG


5.JPG

posted by カンロくん at 13:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年06月30日

梅雨が明けました!

昨日、関東甲信越地方に、梅雨明け宣言が出されました。
例年より20日以上も早い梅雨明けです。
西日本は、大雨に見舞われていますが、関東は水不足が心配されます。
外にある水道のボックスを開けたら、何と土ガエルが居ました。
涼を求めてやってきたのでしょうか?


4.JPG


5.JPG

posted by カンロくん at 08:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年06月29日

かくありたいものです!

法徳寺の境内では、いま色とりどりの紫陽花が美しく咲いています。
どの紫陽花よりも早く咲き始める七段花も、まだ頑張って咲いています。
何の計らいも執着もなく、在るがままに咲き、在るがままに散っていく自然界の草花たち。
人間も、かくありたいものですね。


1.JPG


2.JPG


3.JPG


4.JPG


5.JPG


6.JPG


7.JPG


8.JPG

posted by カンロくん at 09:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年06月21日

6月の御縁日!

昨日はよく降りましたが、今日は、梅雨の晴れ間に恵まれ、無事に御縁日法要を厳修させて頂きました。。
午後から、先月ご紹介できなかった新しい聖歌を加えて、御本尊様に聖歌の御奉納をさせていただきました。
本日は、ようこそお揃いでお帰り下さいました。
来月もまた、皆様のご帰りを、心よりお待ちしております。
合掌


0.JPG


1.JPG


2.JPG


3.JPG


4.JPG


5.JPG

posted by カンロくん at 17:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年06月20日

救いの光!

 山梨県北杜市須玉町若神子(わかみこ)に開創された高野山(たかのやま)法徳寺は、弘法大師様と不二一体の生き仏(救世主)として、今も悩み苦しむ人々と共に生き続けておられる普門法舟(ふもんほうしゅう)大菩薩さま御入定(ごにゅうじょう)の聖地です。
 菩薩様は、『御遺告(ごいこく)』の中で、「紀州高野山と共に、弘法大師の仏慈仏徳を拝し奉り、報恩の誠を尽すべし。ゆめゆめ弘法大師の御名をはずかしむることなかれ。われ肉身亡きあとといえども、常に汝(なん)たちを利益(りやく)することを忘れず」とのお誓いを立てておられますが、ご誓願に謳われているように、菩薩様の救済の御光は、普く十方を照らし、今も悩み苦しむ人々の心に、大いなる安らぎを与えています。
 聖歌『救いの光』は、代受苦行にご生涯を捧げられた菩薩様のご苦労を偲ぶと共に、救済のみ光と御高徳の偉大さを讃えた歌であります。


 1、苦しいことが あるならば
   訪ねいてみよ 高野山(たかのやま)
   甲斐の若神子 慈悲の郷
   そこには求むる ものがある
   あら ありがたや ありがたや
   普門法舟大菩薩
 2、一人悩んで いたとても
   苦労に苦労が 増すばかり
   甲斐の若神子 法(のり)の郷
   そこには心の 泉あり
   あら ありがたや ありがたや
   普門法舟大菩薩
 3、苦しみ越えて ゆく内に
   誠の道を 覚るのだ
   甲斐の若神子 妙(たえ)の郷
   そこには救いの 道がある
   あら ありがたや ありがたや
   普門法舟大菩薩
 4、流れ流れる 人の世は
   いつまで続く ぬかるみぞ
   甲斐の若神子 仏(おや)の郷
   そこには希望の 光あり
   あら ありがたや ありがたや
   普門法舟大菩薩 普門法舟大菩薩


posted by カンロくん at 07:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年06月17日

地区の花壇の花植え!

今日は、早朝より、地区が管理している花壇の花植えをしました。
毎年、この時期に、地区の役員が集まってする恒例行事の一つで、費用は、市からの補助金で賄います。
梅雨時ですので、雨を心配しましたが、朝から汗ばむほどの陽気に恵まれ、雨は杞憂に終わりました。
役員の皆さん、ご苦労様でした。


P6170004.JPG


P6170005.JPG


P6170008.JPG


P6170009.JPG


P6170012.JPG


P6170013.JPG


P6170017.JPG


P6170018.JPG

posted by カンロくん at 11:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年06月15日

幻のアジサイ「七段花」!

梅雨時の花と言えば「アジサイ」ですが、いま境内には、早咲きの七段花(しちだんか)が、可憐な薄紫色の花を咲かせています。
巷でよく目にするアジサイとは、随分、趣きを異にしています。
江戸時代、オランダの医師、シーボルトが『日本植物誌』で紹介したアジサイですが、130年間、その所在が分からず、「幻のアジサイ」と呼ばれていました。
1959年、神戸の六甲山で発見され、一躍脚光を浴びる事になりましたが、花の色が、薄紫、薄紅、濃紫、藍色など様々に変化する様を見ていると、「幻のアジサイ」の名に相応しい気がしてきます。


01.JPG


02.JPG


03.JPG


04.JPG


05.JPG


07.JPG


10.JPG

posted by カンロくん at 09:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記