2018年07月29日

かぼちゃとハナマルバチの共同作業!

今年も立派なかぼちゃが実りました。


1.JPG


下の写真は、かぼちゃの雌花です。
中心に、女性の生殖器のような形をしためしべが見えます。また、雌花の下には、すでに小さなこぶのようなものが付いています。これが大きくなって、かぼちゃになります。かぼちゃの赤ちゃんですね。


2.JPG


3.JPG


こちらが、雄花です。
雌花と違って、中心にあるおしべは一本しかありません。まるで男性の生殖器のようです。また雄花の下に、こぶはついていません。やはり、赤ちゃんを産めるのは女性だけなんですね。


4.JPG


5.JPG


もちろん、このままでは、かぼちゃは実りません。人間界の受精に当たる受粉が必要です。
人工授粉という方法もありますが、自然界には、受粉の手伝いをしてくれる強い味方がいます。
写真のハナマルバチです。
毎日飛んできて、受粉の手助けをしてくれる心強い相棒です。


6.JPG


7.JPG


8.JPG


受粉が終われば、後は成長を待つだけです。
暑い夏ですから、毎日の水やりは欠かせませんが、成長を楽しみに待ちましょう。


9.JPG

posted by カンロくん at 09:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184043097

この記事へのトラックバック