2018年05月04日

大自然から学ぶ智慧(3)

◇廻り舞台から飛び出せ◇


次々と生まれる苦しみとの果てしないイタチごっこから解放される為には、何としても六道輪廻の廻り舞台から飛び出し、苦しみの連鎖を断ち切らなければなりません。


六道の廻り舞台から飛び出した人を「仏(覚者)」と言い、六道の廻り舞台から飛び出せずにいる人を「凡夫」と言いますが、貴船の脇坂リヨ様が、「本当の幸せとは、凡夫から抜けなあかしませんのや。凡夫から抜けるという事は、悟るということどすさかい、悟らなあかしませんのや。悟ったら、体が光で守られますさかいなあ。乞食(こつじき)せなあかしません。乞食と言うのは、食べ物をもろうて歩くのと違いますのや。己を捨てる事が乞食どすえ。自分の事は考えんでもよろしいのどす。自分の事を考えると、間違いをおこしますのどすわ」とおっしゃっておられるように、己を捨てて、六道輪廻の廻り舞台から飛び出した所にしか本当の幸せ(救い)はありません。


では、どうすれば六道輪廻の廻り舞台から飛び出せるのでしょうか?


その為には、先ず欲望の充足と救われる事の違いを知らなければなりません。欲望の充足に幸せを求めている限り、いつまで経っても六道輪廻の廻り舞台から飛び出す事は出来ません。


「飽くなき欲望」「渇望」という言葉があるように、苦しみの連鎖の裏には、欲しいものを手に入れよう、手に入れたいという強い貪りの心(貪欲)があります。


あれも欲しい、これも欲しい、有っても欲しい、無くても欲しい、欲しい惜しいと、果てしのない貪欲の奴隷となっている限り、連鎖は止められません。


欲望の充足に救いを求めている限り、有っても無くても苦労し続けなければならないのです。


ですから、どうあっても欲望の充足と救われる事の違いを悟らなければなりません。


◇大自然が教えている真理◇


欲望の充足を求める心とすれば、救われる心は与える心と言ってもいいでしょうが、その心を教えてくれているのが、大自然です。


私たちは、太陽から、ありとあらゆる恵みをいただいています。太陽がなければ、人類は生きていけません。


いま地球上に届いている太陽の光は、約8分18秒前に太陽の表面から発せられた光ですが、表面の光は、太陽の中心で発せられた光が100万年かかって表面に到達したものです。


太陽の内部は非常に密度が高いため、太陽の中心から発せられた光であっても、太陽表面に到達するまでに100万年かかるのです。


ですから、いま地球に届いている太陽光線は、100万年前に太陽の中心で発せられ、8分18秒前に太陽表面から発せられた光という事になります。


100万年と8分18秒という気が遠くなるような時間をかけて地球上に届けられた光のお陰で、私たち人類は何不自由なく生かされているのです。


太陽から頂いている恩恵は計り知れず、どれほど感謝しても感謝し切れませんが、太陽は今までその見返りを求めた事があるでしょうか?


太陽は、ただ与えるだけです。太陽から見返りを求められた事など、一度もありません。


野に咲く草花たちはどうでしょう。太陽と同様、綺麗な晴れ姿を見せて心を癒してくれているだけで、人間にその代償を求めたりはしません。


毎年、春になると、法徳寺の境内にある四十数本のソメイヨシノが満開となり、可憐な薄紅色の花を咲かせてくれますが、桜たちも、ただ可憐な姿を見せ、心に喜びを与えてくれているだけです。


それに比べ、人間はどうでしょうか?「世話をしてあげたのに、あの人は一言の礼も言わない」と言って、必ずその代償を求めます。


尊い信仰のご縁を頂いても、「これだけお布施をしたから、ご利益を下さい。これだけお参りをしたのに、ご利益を頂けません」と言って、み仏に見返りを求めます。


もし太陽から、「これだけの光を届けてあげているのだから、その見返りが欲しい」と言われたら、人類はたちまち破産してしまいます。この地球上にある全財産をつぎ込んでも、太陽の求めに応じる事など出来ません。


勿論、太陽はそんな事を望んではいませんし、求めてもいません。ただ人間に対し、「幸せになる為には何が必要か」に気付いて欲しいだけなのです。


◇出せば入ってくる真理◇


何故人間は見返りを求めるのでしょうか?


それは、先ほどお話したように、欲望の充足と救い(幸せ)を混同し、飽くなき欲望の充足に幸せを求めているからです。


限りなき欲望に縛られ、求めることしか知らず、欲望を叶える事が幸せになる条件だと錯覚している限り、出せばその分だけマイナスになるという発想しか生まれませんから、出す事も与える事も出来ません。


しかし、大自然が教えてくれているのは、その正反対の心で、マイナスにならなければプラスを呼び込む事は出来ないという普遍的な真理です。


これは、磁石の原理とも通じます。磁石にはプラス極とマイナス極があって、プラス極とマイナス極は引き合いますが、プラス極同士、マイナス極同士は反発し合います。


自分が一生懸命プラスにしようと求めてばかりいると、寄って来るのはマイナスばかりで、プラスは寄って来ないのです。


与えるマイナスの心を持っていると、寄ってくるのは、マイナスではなく、プラスの方です。


「阿吽の呼吸」という言葉があるように、息を吐かなければ吸う事が出来ません。


求めるという事は、息を吸い続けるのと同じ事で、息を吸う為には、先ず息を吐かなければならないのです。


息を吸い込む阿(あ)と、息を吐く吽(うん)が交互に繰り返される事によって、幸せの好循環が生まれ、そこに、福の神が幸せを運んで来てくれるのです。


合掌


大自然から学ぶ智慧(1)
大自然から学ぶ智慧(2)
大自然から学ぶ智慧(3)
大自然から学ぶ智慧(4)
大自然から学ぶ智慧(5)


高野山法徳寺Website「救いの扉」

posted by カンロくん at 10:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183155224

この記事へのトラックバック