2018年06月12日

お慈悲の涙

聖歌『お慈悲の涙』は、身代り升地蔵菩薩の御姿となって人々の苦を背負い、灼熱の汗を流しながら、衆生を救わんが為、ご苦労をして下さっている法舟菩薩様のご威徳を偲び、その慈悲心の深さを歌ったものです。


1、慈悲の郷 甲斐の若神子(わかみこ)高野山(たかのやま)菩薩さま
  ご苦労かけます いつまでも
  尊きえにし 伏し拝み
  いつもこの胸に あふれる涙
  尊き菩薩さま ありがたや
2、いつの日も 尊き姿を心に 映しつつ
  歩む人生 けわしくも
  道なき人に 導きを
  尽きることなし お慈悲の涙
  尊き菩薩さま ありがたや
3、仰ぎ見る 法(のり)のふるさと 妙の郷 菩薩さま
  やむにやまれぬ 親心
  打たれる身より 打つ涙
  渇く間もなし お慈悲の涙
  尊き菩薩さま ありがたや
4、気高きは 慈悲のおやざと 高野山 菩薩さま
  ゆこうみんなで 手をとりて
  苦しみ多き 人の世を
  浄め救いし お慈悲の涙
  尊き菩薩さま ありがたや
  尊き菩薩さま ありがたや


高野山法徳寺Website『救いの扉』

posted by カンロくん at 19:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記