2018年01月22日

降り始めました!

山梨は、お昼過ぎから雪が降り始めるとの予報でしたが、予報通り、お昼を廻った頃から、シンシンと降り始めました。
降り始めてから2時間経ちましたが、4〜5センチほど積もっています。
午前0時過ぎまで降り続くとの予報が出ていますので、多分明日は、除雪機の出番となるでしょう。
昨日は暖かい快晴に恵まれ、無事に初大師法要を終える事が出来ましたが、一日遅れていたら、大変なところでした(;^_^)。


1.JPG


2.JPG


3.JPG


4.JPG


5.JPG


6.JPG

posted by カンロくん at 14:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年01月21日

初大師法要!

今日は、今年最初のお大師様の御縁日、初大師です。
いつものように、御縁の皆様にお帰り頂き、初大師法要と、恒例の法話をさせて頂きました。
平成16年4月に法徳寺が発足してから、13回目の初大師を迎えた訳ですが、振り返ってみれば、アッと言う間の13年間でした。
人生80年と言われますが、80年の人生もまたアッと言う間ですね(笑)


1.JPG


2.JPG


3.JPG


4.JPG

posted by カンロくん at 17:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年01月12日

足跡その2(男の世界、裸一貫)

信仰に入る前の足跡その2です。



男の世界


作詞:岩城 哲
作曲:岩城 哲
唄:千石八郎


1、男だったら 死ぬ気でやれば
  どんな苦労も 苦にならぬ
  男の世界 待ったがないぜ
  どんと行こうぜ
  織田信長 桶狭間
  桶狭間
2、金ぢゃ買えない 苦労とやらに
  勝って一旗 あげてみろ
  男の世界 根性でゆこう
  どんと行こうぜ
  太閤秀吉 賤ケ岳
  賤ケ岳
3、夢はでっかく 心は太く
  明日にいのちを かけてやる
  男の世界 天下を取ろう
  どんと行こうぜ
  徳川家康 関ケ原
  関ケ原



裸一貫


作詞:岩城 哲
作曲:岩城 哲
唄:千石八郎


1、夢があるから 生きるのさ
  夢がなければ 生きらりょか
  何も云うまい 男なら
  裸一貫 ぶち当たれ
2、金があるなら 誰もやる
  無くてやるのが 男だと
  死んだ親父の あの言葉
  男泣きする 夜もある
3、元をただせば 丸裸
  負けて泣くより 勝てばよい
  成せば人生 何事も
  やがて勝利へ 続く道


足跡その1
足跡その2
足跡その3
足跡その4
足跡その5
足跡その6

posted by カンロくん at 16:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年01月11日

足跡その1(銀座の夜、ブルー横浜)

信仰に入る前に作曲した足跡の一つ!懐かしい曲です。



銀座の夜


作詞:鈴木繁雄
作曲:橘 一彦
唄:吉沢亜子


1、銀座の夜よ 銀座の夜よ
  夜は紅ばら
  はじめてあなたに逢った街
  素敵な恋の 花園よ
  銀座の夜よ
  恋のともしび ほのかにつけて行く
2、銀座の雨よ 銀座の雨よ
  雨は真珠(ぱーる)か
  せつないわたしの頬に散る
  はかない夢を しあわせを
  銀座の夜よ
  どこへ流すの 今夜のネオン川
3、銀座の夜よ 銀座の夜よ
  夜は星空
  いとしいあなたを知った夜
  あふれる愛を 燃える炎を
  銀座の夜よ
  いつもやさしく 二人をつつむ街



ブルー横浜


作詞:鈴木繁雄
作曲:橘 一彦
唄:吉沢亜子


1、夜霧がやさしく おしえてくれた
  あなたと私の しあわせを
  マリンタワーの 灯もうるむ
  ブルー ブルー
  ブルー横浜
  横浜 横浜 いとしの潮風
2、夜霧がそっと 泣かせてくれた
  あなたと私の お別れを
  クリフサイドの 窓あかり
  ブルー ブルー
  ブルー横浜
  横浜 横浜 涙の波止場
3、夜霧がひっそり つつんでくれた
  あなたと私の 想い出を
  マリンタワーの 灯もかなし
  ブルー ブルー
  ブルー横浜
  横浜 横浜 未練の桟橋


足跡その1
足跡その2
足跡その3
足跡その4
足跡その5
足跡その6

posted by カンロくん at 09:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年01月01日

新年明けましておめでとうございます!

新年明けましておめでとうございます。
今年も皆様のお帰りをお待ち申し上げております。


2018.png


標高600mの高野山法徳寺から撮った2018年元旦の初日の出です。


posted by カンロくん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記